自分では判断しにくい仮性包茎と真性包茎について

ご自分では、仮性包茎なのか?真性包茎なのか?判断することはなかなか難しいと言えます。
気になる場合には、専門の医師がいる医療機関で診察を受けることをおすすめします。
手術が必要であるか、もしくは放置しておいて良いものなのかをしっかりとアドバイスしてくれると思います。
基本的な流れとしては、まずは診察。ここで真性包茎なのか、仮性包茎なのかを診断されます。
仮性包茎の場合は治療が必要な場合とそうでない場合がありますので、その判断もされると思います。
手術が必要な場合は、手術日の予約と、事前検査をすることになります。
手術は、一般的に局所麻酔を使った日帰り手術がほとんです。
おおよそ、1時間程度で終わります。
術後、24時間後からシャワーも可能で、仕事などの日常生活も翌日から復帰していただけるでしょう。
これほど手軽に悩みを解決できるのなら、一人でくよくよ悩まず専門の医療機関に相談することが一番だと思います。

仮性包茎、真性包茎でお悩みなら新宿形成外科
https://www.s-keisei.jp/houkei/index.html#01