ホームページ作成の契約書で注意する事

ホームページ作成の仕事を請け負う際に、気を付けなければいけないことがあります。
それは、契約書の内容についてです。仕事を請け負う場合には仕事の報酬や仕事の内容ばかりに目が行きがちですが、
契約書はその報酬、内容、そして重要となる権利に関して定める重要な文書ですので、
必ず内容を確認し、疑問などがあれば解決しておくことが必要です。
ホームページ作成は一般的には基本的なイメージは与えられますが、
詳細なレイアウトやデザインは任せられるケースが多いものです。
しかし、出来上がったホームページの著作権は依頼元に帰属する場合がほとんどです。
しかし、その場合、契約書上の記載によっては使用したデザインも全て依頼元に著作権が帰属してしまい、
もし自分の独自のデザインで今後の他のホームページ作成にも使用したいといった場合でも使用できなくなる可能性があります。
あるいは、自分のデザインなのに使用するたびに著作権使用料を払わなければいけない事態になってしまうこともあります。
ホームページ作成の仕事を請け負う際には、契約書の内容を確認してよく理解し納得した上で請け負うことが重要です。

カテゴリー: web